思春期ニキビができる理由は?

思春期ニキビは、主に小学校高学年から高校生ぐらいの間に出来るニキビのことを言いますが、顔だけではなく背中やデコルテなど体のあらゆる部位に発症します。
思春期とは、体が大人になろうとしている過程で、女の子は胸が膨らんだり体のラインが丸みを帯びてきますし、男の子は声変わりをしたり筋肉が付いてたくましくなるなどの変化が起こってきます。
また男女ともに身長が急に高くなるなど、それまでとは違った体つきになっていくのが思春期なのですね。

 

このように人間が成長していくために必要となるのが成長ホルモンというもので、思春期には成長ホルモンの分泌が活性化されて大量に分泌されるようになります。
そして、この成長ホルモンが思春期ニキビを引き起こす原因になっているのです。
ニキビの原因にはいろいろなものがありますが、一番の原因となるのは皮脂の過剰分泌です。
皮脂は天然の保湿クリームと言われるもので、毛穴から排出されると肌に上にヴェールを張ってバリア機能の一部となり肌を刺激から守ったり、肌の水分が蒸散しないようにカバーします。
ですが分泌量が多過ぎると毛穴に詰まってしまったり、肌の古い角質から出来る角栓と混ざり合ってしまい、これが肌の常在菌であるアクネ菌の餌となりニキビを引き起こして炎症などのトラブルが起こるのです。

思春期に皮脂が多く分泌するのもニキビができる原因

成長ホルモンが多く分泌されると皮脂腺が異物と認知してしまうため、肌を守ろうとして皮脂をたくさん分泌するようになってしまいます。
つまり思春期は大人の体になっていくために成長ホルモンの分泌が盛んになってしまうことが、思春期ニキビが出来る理由なのです。

 

ただし、成長するにしたがって成長ホルモンの分泌は安定してバランスが整い始めるので、自然に治ってしまうというのが一般的です。
とは言っても、何もケアをしなければアクネ菌が残ってしまいニキビが出来やすい肌になるため、そのまま大人ニキビになったり炎症が進んでニキビ跡が出来てしまうことになります。

 

ですので成長の代名詞とも言える思春期ニキビですが、正しい洗顔やスキンケアで肌を整えてあげなくてはいけません。

思春期ニキビを治す薬は?

思春期ニキビは、誰でも出来る可能性のあるものですし、成長していくための過程で起こるものとも言えるので、自分でケアをするか自然に治るのを待っているという方も多いようです。

 

確かに思春期ニキビの原因は、成長ホルモンの分泌量が増えるというのが一番大きいため、ある程度はしょうがないことなのですが、それでも間違ったケアをすると悪化しますし自然に治らないこともあります。
そもそもニキビは皮膚の病気なので、本来であれば皮膚科を受診して適切な治療を行わなくてはいけないのです。

 

思春期ニキビの治療で使われる薬は外用薬と内服薬の2種類があり、基本的には抗炎症剤と抗生物質を処方します。
ニキビはアクネ菌が繁殖して炎症することで腫れ上がり、それがちょっとした刺激でもダメージとなって悪化していくので、この炎症を抑えて沈静化する抗炎症剤は欠かせません。
抗炎症剤は、外用薬だとグリチルリチン酸ジカリウム、イブプロフェンピコノール、スタデルクリームなどがあり、内服薬ではブルフェンがあります。
抗生物質は、アクネ菌やその他の雑菌が繁殖するのを防いだり、駆除するために処方されるもので、外用薬ではアクアチムやダラシン、クリンダマイシン、内服薬ではミノマイシンやテラマイシン、バナン、ルリッドなどがあります。

 

また、思春期ニキビは皮脂の過剰分泌を抑える必要もあるので、ホルモンのバランスを整えるホルモン剤が処方されることもあります。
この場合は外用薬ではイオウカンフルローション、内服薬だとビタミンB2やB6、ビタミンC、低用量ピルなどが処方されます。
こういった成分を見て分かるように、思春期ニキビは普通のニキビ治療薬はもちろん、スキンケア化粧品に含まれる成分も処方されるので、普段スキンケアに使用する化粧品の成分にも気を配りましょう。
スキンケアで外側から、ニキビ治療薬の成分で体の内側から皮脂の過剰分泌を抑えれば、治療効果と併せてより効率よく思春期ニキビを改善していくことが出来ます。

更新履歴


このページの先頭へ戻る